• 検索
  • カートに商品がありません。

    現在の中身:0点






 
 
 
 
TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size
TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size
TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size
販売価格 38,000 円(税抜)
通常販売価格

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー(TH-N-002) x サイズ

ONE
BLACK
  
商品名: TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ James Crowe Feather M Size
商品コード: a942
友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ
 
 
  日本において、あまりに有名なモチーフである、フェザー。

そしてそこに代表的なネイティブアメリカン的要素を付け加えてイーグルフェザーとする。

しかし、他民族が浅薄にインディアンに憧れ、所謂「イーグルフェザー」を量産することは、
彼らが最も嫌う「ステレオタイプ」を生み出し続けていることを、
日々羽作りに精を出している職人さんたちはご存知なのだろうか?

かつて日本で烏は神話に登場した。

そして、あの仄かに紫がかった妖艶な黒い姿は、
多くの芸術家によって美的対象として扱われた。

インディアンに憧れ、 陶酔し、崇拝し、
ステレオタイプ化されたインディアンっぽいものにしか目を向けず、
いつもアメリカの大空を羽ばたく大鷲を夢見ているシルバースミスたちは、
いい加減、日本の空でも眺めてみてはどうか。

赤銅(しゃくどう)について。

赤銅は、銅に主に3〜5%の金を加えた日本独自の銅合金です。

その歴史は古く、室町時代より主に刀装具に用いられてきました。

黒く発色しているのは、色上げという処理を行なっているためです。

これは、表面に人工的に錆付けをする作業です。

かすかに青みがかった黒色は烏の濡れ羽色、烏銅とも言われ、
今でも日本の工芸品に使われています。


※1点1点ハンドメイドで制作している為、1点ずつ個体差が生じてしまいます。
その旨予めご了承ください。

※別倉庫からのお取り寄せとなる場合、4日〜1週間程度お時間を頂戴いたします。

※受注生産の場合、最大2か月お時間を頂戴いたします。

※納期に関しまして予めご了承下さいませ。


【TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ】 - Artist/Yusuke Kuwano

- 2009年 -
アメリカインディアン美術、通称サウスウエストアートの中心であるアメリカ、ニューメキシコ州サンタフェに移住。
現地の芸術大学、Institute of American Indian Artsにて金工を専攻する。
 
- 2011年 -
1st Annual Institute of American Indian Arts Competition、ジュエリー部門と
American Indian Higher Education Consortium Art Competition、ジュエリー部門、共に金賞。同大学、金工学部より優秀賞を授与。
Michael Roanhorseの下でインターンシップ。
 
- 2012年 -
Museum of Contemporary Native Artsにて展覧会に出展。
Higher Honor Student(高等優秀生)として卒業。
更に、友人である San Carlos Apache 族の彫刻家Craig Dan Goseyun と共にジュエリーブランド『Tsunai Haiya』設立。
現在Craig氏は制作活動を停止し、Kuwano氏を中心とした制作活動を行っている。

●素材:
赤銅,スターリングシルバー

●サイズ
トップ:8cm×1.5cm